メモリバンク

ザ・個人的な備忘録

基本情報技術者試験に合格した

11/30の正午ぐらいに、10月上旬に受験していた基本情報技術者試験の合格発表がありました。

 

結果は合格でした㊗

 

午前、午後ともに合格基準点ギリギリの点数だったので、確実に合格しているか不安でした。とりあえずは合格していたので、今日からぐっすり眠れます笑

 

勉強方法は、過去問道場をこなすだけでした。

解説の読み込みをメインに問題解く感じで午前も午後もなんとかなりました。

 

www.fe-siken.com

Jupyter Notebook + Numpy + Pandas をインストールする方法

  1. 「Jupyter Notebook + Numpy + Pandas」のインストール方法と動作確認方法について手順形式で記載します。
    1. Pythonインストール
      Python公式サイトからインストーラーをダウンロードします。
      Download Python | Python.org
      今回はPython 3.10.0をインストールしました。
      インストーラーでPATHの設定も行います。

    2.  Jupyter Notebookインストール
      コマンドプロンプトからPythonのパッケージ管理ツールのコマンド(「pip」でJupyter Notebookをインストールします。

      > pip install notebook

      Project Jupyter | Installing the Jupyter Software

      f:id:colorcolorcomic:20211127045321p:plain


      今回はpipのアップグレードが警告レベルで要求されましたので、指示通りのコマンドを実行します。

      f:id:colorcolorcomic:20211127042053p:plain

       
    3. Jupyter Notebookの動作確認
      コマンドプロンプトで下記コマンドを実行します。
      > jupyter notebook

      自動的にブラウザが立ち上がり、jupyterの画面に遷移します。

      f:id:colorcolorcomic:20211127043605p:plain


      画面右側の「New」から「Python 3..」をクリックします。

      f:id:colorcolorcomic:20211127043808p:plain


      何かしら計算させたりして動作するかを確認します。
      Shift+Enterで実行可能です。
      また、下の画面の途中のエラーはnumpyをインポートしようとしたが見つからなかったため発生しているものなので、想定通りです。

      f:id:colorcolorcomic:20211127044546p:plain

       
    4. Numpyインストール
      新しくコマンドプロンプトを立ち上げて下記コマンドを実行します。
      > pip install numpy

      f:id:colorcolorcomic:20211127045354p:plain

    5. Numpyの動作確認
      JupyterNotebookにて、Numpyをインポートして何かしら計算できることを確認します。

      f:id:colorcolorcomic:20211127045828p:plain

    6. Pandasインストール
      Pandasをインポートしようとすると見つからない旨のエラーが出力されることを確認します。

      f:id:colorcolorcomic:20211127050044p:plain


      コマンドプロンプトで下記コマンドを実行してインストールします。
      > pip install pandas

      f:id:colorcolorcomic:20211127050158p:plain

    7. Pandasの動作確認
      Numpyと同様に、JupyterNotebookからpandasをインポートして何かしらの計算ができることを確認します。

      f:id:colorcolorcomic:20211127050500p:plain


      以上でインストール完了です。

G検定に合格した

f:id:colorcolorcomic:20211120212851p:plain

11月6日に「2021年第3回G検定」を受験して合格しました。

 

使用した教材は下記の4点です。

    1. これ1冊で最短合格 ディープラーニングG検定ジェネラリスト 要点整理テキスト&問題集
    2. 深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト)公式テキスト
    3. 徹底攻略ディープラーニングG検定ジェネラリスト問題集
    4. その他web掲載の無料の問題集

 

勉強方法は「参考書を読む→該当箇所の問題を解く」を繰り返しただけになります。

不正解の問題については必ず正解するまで解きました。

 

日商簿記検定3級に合格した

f:id:colorcolorcomic:20211115145840p:plain

日商簿記検定3級の試験に合格しました。

 

受験にあたって、使用した教材はStudyProのテキストと同サイトのweb模試です。

studyboki3.com

 

勉強方法は、StudyProのweb模試の問題と答えの解説の完全理解を目指して、テキストとweb模試を繰り返すという方法をとりました。

 

多くの受験生が苦手としているT字勘定の記入問題ですが、自分も例に漏れず苦手でした。。

なので、T字勘定については他のサイトも活用して手厚く学習に取り組みました。

 

 

Surface Pro 6(Mini DisplayPort)をトリプルディスプレイ化できるスプリッターの紹介

  • はじめに

    Surface Pro 6 (Mini DisplayPort)でトリプルディスプレイ環境を作りたいと思い、必死に探して見つけたスプリッターの紹介です。

     

    SurfaceにはUSB3.0の外部端子も搭載されており、そこからHDMI変換アダプタで映像出力させることも可能だと思います。
    当方環境ではUSBの有線LANアダプタにUSB端子を常時専有させているので、どうしてもディスプレイポートから信号を分配させてトリプルディスプレイ化を図る必要がありました・・・。
    HDMI変換アダプタが使えればMiniDisplayPortを分配させるよりもかなり簡単に、安くトリプルディスプレイ化できるかもしれません。

 

  • スプリッターについて
    アメリカ Cable Matters社の「Cable Matters デュアル DisplayPort+HDMI MST ハブ」が今回紹介したかった商品です。

 

  • 使ってみた
    届いたのですぐ開梱 !
    ケーブル挿す順番とか全く意識せずに取り付け!
     スプリッターに挿したのは、入力側x1と出力側x2のMiniDisplayケーブルと、給電用のUSBケーブルx1

    これでモニターの電源入れた瞬間、Surfaceのディスプレイ設定から認識されたのを確認できました。

    今のところ動作も問題なし!

    期待通りにトリプルディスプレイ環境が作れました。

 

  • 良かった点
    1.繋いだらすぐ使える。
     →スプリッターの設定など意識することなくケーブルを必要なところに繋ぐことで使用可能。
    2. USB端子から給電させることが可能。
     →つまり、空いているUSBポートがあればそこから給電させることができる。

 

  • 悪かった点
    1.高価なところ(5,999円)
     →これはニッチな製品なだけに仕方がないところかもしれないが、あまりにもこの製品についての情報がなさすぎる。正常に動くか不安なところでこの値段は購入を躊躇してしまう。実際に実現したいことができてとても良かったんだが、躊躇してなかなか購入できずで検討している時間が無駄だったな、、

 

  • 総評
    とりあえずひとつのMiniDisplay出力ポートのみでトリプルディスプレイ化できてよかった。
    非常に満足のいく製品です!

Hyper-V上のWindows Server 2012R2 のアップデートを実施すると起動できなくなる問題の解決方法

  • 問題
    Hyper-Vで稼働しているWindows Server 2012R2のWinodws Updateで更新プログラムをインストールすると、仮想マシンが正常に起動しなくなる。

    f:id:colorcolorcomic:20210523203116p:plain

  • 事象
    更新プログラムをインストールして再起動した後、「システムを更新しています(2%)」から進まなくなる。

    f:id:colorcolorcomic:20210523203121p:plain

  • 解決策
    Hyper-Vの当該仮想マシンのセキュアブートを無効化する。
     仮想マシンコンテキストメニューから設定→ハードウェアのセキュリティ→「セキュアブートを有効にする」のチェックを外す

    f:id:colorcolorcomic:20210523203825p:plain

  • 参考サイト

    blog.treedown.net